新米母ちゃんの酷い悪阻体験

ID-100302053

私は3年ほど前に娘を産みました。私のマタニティライフはとても悪阻が激しく結構辛かったです。
私は当時フルタイム勤務の製造業で働いていました。
妊娠が分かった最初の頃は全然自覚症状がなくて気付けば生理がきてないな、、くらいの気づきで病院へ行って見てもらった時に初めて妊娠した事を知りました。
その後、勤務先に報告をして製造業は立ちっぱなしの作業で体に負担がかかる事から事務所での簡単に出来るデスクワークに変更してもらいました。
それでも私は悪阻が酷かったので妊娠三ヶ月に入った頃から安定期に入るまでずっと青白い顔で吐き気と戦っていました。その当時は何も食べる事ができず、唯一摂取出来たのは水分だけでした。
その為妊娠3、4ヶ月の頃は3キロ程痩せてしまいました。医師に悪阻の事と食事が取れてないしむしろ痩せてしまったのでお腹の子供は大丈夫なのかと相談しました。

悪阻に関しては子供がお腹で頑張って成長している証拠だという事を聞きました。内心、かなりキツくてもう辛いとくたばっていましたがそれを聞き、ホッとしました。

食事が取れず子供が心配という件に関しても一時的なものなので子供は今まで栄養を蓄えてきているそうなので大丈夫との事でした。
悪阻は個人差があるので私の経験が絶対とはいえません。その人その人の体調の変化があるので医師にしっかり相談する事をお勧めします。

今は栄養をしっかり摂るためにミドリムシという健康食を積極的に摂っています。

今考えればあの時も栄養補助の為に摂っておけばよかったなと感じます
一度見てみてもいいかもしれません。

ミドリムシ効果

コメントを残す